FC2ブログ

アゲハ蝶の生態

関東地方は梅雨も明け、毎日暑い日が続いています
小さな虫にとっては、天気も命を落とす原因になるのです。
突然の雷雨や台風、人間にはどうってことない雨粒でも、小さな身体には
洪水くらいの脅威になります

さて、今日のブログは幼虫苦手な方はスルーで(^_^;)

アゲハ蝶の卵
アゲハ蝶

突然の大雨。ベランダで育っている幼虫が心配になり部屋に入れてあげました。
アゲハ蝶
見て下さい!この頑張っている姿
なるべく姿勢を高く保って、頭が水に浸かって溺れないように頑張っています。

アゲハ蝶
この姿勢は、直射日光がキツイ時にも見られます。身体の体温が上昇しない
ように、なるべく陽に当たる面積を少なくしようとする生まれもっての生態なのでしょう。

アゲハ蝶の生態と言えば、いつも驚く事があります。
生存率の低いアゲハ蝶。たくさんの幼虫がいても、決して共食いはしません。
卵でさえ、間違えて食べてしまう事がないのです
アゲハ蝶
よーく見て下さい。沢山の卵が産んでありますが、1つ卵から幼虫がかえり
葉を食べています。でも卵は必ず残してその周りにしか手をつけないのです

アゲハ蝶
こんな感じ

大きな幼虫が小さな卵を食べてしまう事もなく、このような状態で残します。
勿論、大きな緑の幼虫と小さな黒い幼虫が出会っても、喧嘩する事も食べてしまう
事もありません。私が飼育した限りでは、1度もありません。
そんな所がアゲハ蝶は残酷さが無くて、好きなんですよね〜(笑)

ちょっと珍しい写真が撮れました
アゲハ蝶
卵と、卵からかえって数日の幼虫、そしてサナギになる前の幼虫です。
3世代が揃いました

黒い小さな幼虫が、20日くらいで、写真のような大きな青虫になるのですから
不思議ですね・・・
5回の脱皮を繰り返し、この緑の青虫になれるまで生き残る確立は、自然界では
かなり低く、奇跡に近いです。

うちから巣立って行ったアゲハ蝶が、また戻ってきてベランダのみかんの木に
卵を託して行くので、アゲハの親の期待に応えられるよう頑張って育ててます(笑)
ちょっと(かなり?)自然界より過保護です


ブログランキングに参加しています。
ここをポチッと一押し応援お願いします。
プロフィール

Animal Kingdom☆彡

Author:Animal Kingdom☆彡
子供の頃から動物好き。両親の動物好きの影響もあり、飼ったペットは数しれず・・・様々な鳥類やウサギ、アライグマからザリガニ、不思議な色のカエル、魚類、カブトムシやクワガタ、蝶類まで、とにかく命あるものが愛おしい性格です。
現在アメリカンカールの猫5匹と親バカ生活中。飼い猫を作りたい一心で羊毛始めて数年、現在羊毛フェルトを教えながら、生徒さんと一緒に奥深い羊毛フェルトの世界を楽しんでいます。
********************************************
東京都 千代田区と北区で羊毛フェルト教室やってます。
羊毛フェルト教室にご興味のある方は、
E-mail:
animalworld.wool@gmail.com
までお気軽にお問合せください。
********************************************

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
★visitor★
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR