FC2ブログ

終戦の日、我が家では・・・

8月15日、今年も68回目の終戦記念日を迎えました。
最近では、終戦記念日を前に、昔ほど戦争に関するアニメや特番が
組まれなくなったような気がするのは私だけでしょうか?

戦争を体験した方たちも年々少なくなり、戦争の時代を生きてきた人の
生の声が聞けなくなるのは、戦争を知らない戦後生まれの私達にとって
考えなければならない事のように思えます。
いかに平和が大切か・・・
語り継がなければいけないような気がします。戦争を体験した祖父、
そして祖母も先日亡くなりました。戦時中の話はよく祖母や祖父から
聞いていて、「戦争をやって、何も良いことは無いよ。」という祖母の
言葉が心に残っています。

世界の平和を祈るばかりです。

さて、終戦記念日は我が家にとってもう一つ意味のある日です。
それはカーリーの前に13年間飼っていたアライグマ、マイキーの命日なのです。
本当に私達家族を癒してくれた子でした
ペットロスとはよく言いますが、私もこの子が死んで1週間は息をする事
すらできないくらいショックで寝込んでしまいました。
それだけ存在が大きかったのです。楽しい時も苦しい時もいつも側にいて
励ましてくれた子でした。13年の寿命を全うして天国へ・・・

ペットを飼われている方はそういう経験って誰にでもあると思いますので
あえてここでは語り尽くせない思いを語りはしませんが・・・
8年目のマイキーの命日です。
マイキー

せっかくなので、ちょっと写真をご紹介

本当に頭の良い子でした。右左区別をつけてのお手、お座り、なでてあげる時には
後ろ向きのお座りなど、すべて英語とドイツ語で覚えていました。
英語とドイツ語で教えたのは、すみません私の趣味です。
話す場所がなくて、ペットで練習してました(^^;)
マイキー マイキー

マイキー

今は「あらいぐまラスカル」の影響などで、かわいいペットとして買った
飼い主が、成長と共に飼えなくなり山に捨てて、アライグマが繁殖し、
邪魔者扱いされています。
私にとってはとても悲しいニュースです

どんな事情があるにしても、飼った以上人間が責任をもって動物に
接しなければならないと私は考えています。

動物にだって、言葉を話せなくても感情があります。無償の愛をくれます
言葉を話せないからこそ、人間が感じとってあげなくてはならないの
だと思います。

人間の身勝手なニュースを聞く度に、人間である自分の愚かさを
感じる時があります。動物から学ばされる瞬間です。


ブログランキングに参加しています。
よろしければ、ポチッと一押しお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

終戦記念日

確かに、終戦記念日を前後して、かっての戦争をしのぶアニメや特集が少なくなりましたね。そんなこともあって、毎月とっているテレビ雑誌を開けてみました。

NHKで8月6日、9日、14日、16日、17日とSpecial番組で取り上げられた以外、民放では全く取り上げられていません。また、取り上げたNHKも、6日、9日以外は、ほとんどが夜9時以降の番組で子供たちが見るのには、適さない時間ばかりでした。外国では、アダルト時間というのがあって、青少年に不向きな番組は、大体、遅い時間の放映になるようです。

そうですね。戦争を経験した世代がなくなりつつある現代、子供たちに戦争の恐ろしさを伝えていく手段としてのメデイアの役割が大事だと思いますが、それが少なくなってきているのは残念ですね。

そうした中で、ぜひ、見てほしいと思っている映画は、妹尾河童さんの「少年H」です。

アライグマのマイキーのお話、とっても素敵ですね。マイキーって、マイケルのマイコーって呼ぶのと似ていますね。きっと、マイケルにちなんでつけたのではと思いますが、いかがでしょうか。愛していた動物の死に直面した時の悲しみって、なかなかとれないものです。

それだけにCurlyさんが心配です。カーリーとラブちゃんと、いっぱいいっぱい楽しい時間を精一杯過ごしてください!!

Re: Katzeさん

そうですか。戦争に関する特番が減ってきているなぁとは思っていましたが、
実際調べてみた事はありませんでした。今やNHKだけですか・・・
参考になりました。

あらいぐまの名前はKatzeさんがおっしゃる通り、Michaelとミッキーマウス
からきています。Michaelの愛称です(^-^)
中学、高校生の頃はインコが増えて10匹くらいいて、全てにマイケルの
飼っていた動物の名前をつけて家族に呆れられた事があります。
さすがにバブルスはいませんでしたが(笑)
プロフィール

Animal Kingdom☆彡

Author:Animal Kingdom☆彡
子供の頃から動物好き。両親の動物好きの影響もあり、飼ったペットは数しれず・・・様々な鳥類やウサギ、アライグマからザリガニ、不思議な色のカエル、魚類、カブトムシやクワガタ、蝶類まで、とにかく命あるものが愛おしい性格です。
現在アメリカンカールの猫5匹と親バカ生活中。飼い猫を作りたい一心で羊毛始めて数年、現在羊毛フェルトを教えながら、生徒さんと一緒に奥深い羊毛フェルトの世界を楽しんでいます。
********************************************
東京都 千代田区と北区で羊毛フェルト教室やってます。
羊毛フェルト教室にご興味のある方は、
E-mail:
animalworld.wool@gmail.com
までお気軽にお問合せください。
********************************************

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
★visitor★
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR